大手の業者ならWEB明細が利用できる!

キャッシングを利用すると必ず利用明細が発行されます。利用明細は借入や返済のたびに発行されるもので、法律で発行が義務付けられているため発行取りやめを求める事もできません。

 

銀行の口座から振替している場合などだと後から利用明細が郵送されてくることになります。こうした郵便物によってキャッシングの利用が家族にバレてしまうことは少なくありません。利用明細が郵送されてこないようにするためには別の方法で明細を発行してもらうことが効果的です。

 

一番バレにくい方法が「WEB明細」と言えるでしょう。WEB明細はその名の通りインターネット上で確認を行える便利な方法です。便利なだけでなく物理的に書類で残らないためバレるリスクがとても低いのです。大手の消費者金融ではWEB明細がほぼ確実に利用出来ると思って良いでしょう。小さな業者を利用する場合にはあらかじめ利用出来るか確認する事が大切です。

 

WEB明細発行可能な業者の場合も、最初に発行方法の設定が必要な場合があります。間違えて郵送の設定になっていないか確かめるとより確実です。業者によってはWEB明細に対応していても初期設定が郵送の場合があるのです。この設定を変更しなければ郵送されてくるわけですから結局家族にバレる可能性が出てきます。わざわざバレるリスクを背負いたい人はまずいないでしょうから注意しましょう。

 

大抵の場合はWEB明細発行の設定は公式サイトにログインを行いマイページから変更できます。WEB明細に対応していればWEB明細利用登録というような項目があります。もちろん名称などは業者によって異なりますが、ほとんどの場合は分かりやすい名称となっていますから迷うことはないでしょう。後は画面の指示に従って操作を行えばすんなりと利用登録ができるでしょう。不明な点があればサポートへ連絡すれば対応してもらえます。

 

利用明細が送られてくるケースとは

まず、利用明細が発行されるタイミングは基本的に借入をした場合と返済をした場合です。窓口での取引であればほとんどの場合はその場で発行されます。銀行振込や振替での取引を行った場合はWEB明細を利用していなければ郵送で送られてきます。厄介なのがATMを利用した場合で、ATMではその場で発行される場合と郵送の場合があります。

 

基本的にATMではその場で利用明細が発行されるのですが、コンビニATMなどでは種類によって利用明細が発行できるものとできないものが存在しているのです。その場発行できないタイプのATMを利用してしまうと後で郵送されてきてしまうので困ってしまいます。

 

そのため、ATMでの借入や返済を行う際も事前にWEB明細利用の設定を行っておきましょう。設定さえしておけば万が一利用明細が発行できないタイプだったとしても郵送されて来ることはありません。

 

利用明細の郵送は見た目でばれる?

そもそも利用明細が郵送で送られてきたら家族にすぐにバレてしまうのでしょうか?実は封筒を見ただけではキャッシング利用はバレないと思ってよいでしょう。送り主が消費者金融の名前ではありませんし、封筒を見ただけではばれないように配慮されています。

 

しかし、急に送り主がよくわからないところから何度も届くようになったら怪しいと感じる人もいるでしょう。過去にキャッシングを利用した人からも勘付かれる可能性は高いと言えます。一見しただけでは封筒でバレる事はありませんが、絶対にバレないとは断言できないわけです。どうしても周りの人にキャッシングがバレたくない場合はWEB利用明細にしておきましょう。

 

プロミスのWEB明細の利点

実はWEB明細の利点は郵送されてくる書類を減らすだけではありません。例えばプロミスをはじめとする大手の業者では初回利用時に無利息期間を設けている場合があります。無利息期間は利用できるのであれば誰でも利用したいと考えるでしょう。

 

この無利息期間を利用するために実はWEB明細の利用が条件となっている場合が多いのです。消費者金融側としても毎回書類を発行して郵送するよりもWEB明細を利用してもらったほうがコストがかかりません。ですからWEB明細を利用を促すためにもこのような形をとっているわけです。プロミスをはじめとする大手の業者は便利ですし家族バレのリスクも低いと言えるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
SMBCモビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日