債権回収会社からの連絡には?

借りたお金は返す、これは最大のルールです。ですがキャッシング業者からの借り入れがどうしても返済が出来なくなってしまうこともあると思います。

 

この場合、督促の電話や郵便などが頻繁に来ることになり、ここで返済を再開した場合は問題ありませんが、これらを無視していると次はキャッシング業者ではなく、金融サービサーと呼ばれる債権回収会社が相手になることがあります。

 

これはキャッシング業者が直接取り立てるのを諦め、その債権回収会社に債権の回収を依頼した、もしくは債権を売り渡したということです。文字通り回収が専門の会社なので、キャッシング業者より厳しい取り立てが行われることになります。

 

債権回収会社は対象の相手に対し、まず支払督促申立書を送付します。これは借り入れ額の一括返済を求める書類で、支払い期日が明記されています。その期日までに支払いが出来なかった場合、強制執行が行われることになります。

 

月々の返済が出来ない中で一括で返済をすることはまず不可能だと思いますので、このままにしておくとこの執行は避けられません。そこで期日までに返済が出来ない場合、まず異議申し立てを行うことでこの強制執行から逃れることが出来ます。

 

異議申し立てを行うと?

異議申し立てをした場合、債権者である消費者金融や債権の譲渡が行われた場合はその金融サービサーと返済について交渉を行うことになります。債権者側の要求は当然借り入れ額一括返済ですが、それが出来ないので申し立てを行っているので、実際には借り入れ額の減額や具体的な返済計画についての話し合いになります。

 

またこの交渉はきちんと調停委員立会いの元で進められますので、相手側に一方的に決められてしまうことはありません。債権者側も少しづつでも返済してもらいたいので、それなりに柔軟に対応してくれることが多いですが、あくまで交渉によって和解をするという形になります。

 

交渉の折り合いが付かない場合、公的な個人民事再生という債務整理を適用することが出来ます。これは現在の借り入れ額をその額に応じて最大1/5まで減額し、最長5年間を掛けて支払っていくという救済策です。原則的にこれ以降の金利も除外されます。

 

例えば600万円の借り入れがある場合、それが1/5になると120万円になります。これを5年間で支払う場合は1年当たり24万円の支払いになりますので、毎月にすると2万円です。比較的無理なく返済できると思います。

 

この異議申し立ての交渉や和解は原則的に裁判所で行われますが、ここで成立した和解内容は当然きちんと履行しなくてはなりません。もしまた返済が滞るようなことがあった場合、次の交渉や和解は難しいと思ってください。今度は自己破産という債務整理が必要になってしまうかも知れません。

 

生活を立て直す方法とは

債権回収会社が相手になった場合、日々の生活にも困っている可能性も高いと思います。異議申し立ての交渉や債務整理を行った段階で更なる融資を受けることはまず不可能ですが、どうしても生活費に困窮してしまった場合は国からの融資制度を受けることが出来ます。

 

生活福祉資金という制度があり、単身世帯の場合は毎月15万円まで、家族がいる場合は20万円までの融資を受けることが可能です。融資なのでもちろん金利は発生しますが、金額により1.5〜3.0%なのでそう負担にはならないと思います。また連帯保証人を付けた場合は無利子となり、金利は発生しません。この制度を利用してみてください。

 

シングルマザーの場合は母子福祉資金という制度もあり、この場合も金利は1.5〜3.0%の範囲です。また同様に連帯保証人が付く場合や子供の就学にどうしても必要な融資の場合、無利子になることがあります。この他にも条件が厳しくなりますが、生活保護といった制度もあります。

 

背負ってしまった債務から逃げているだけでは問題は解決しません。債権者との交渉や債務整理、そして国からの融資制度を利用し、きちんと生活を立て直すことを考えましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
SMBCモビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日