自分の年収を顧みて返済できる借入金額を希望しよう

正社員になったのに、全然お金を借りられない、ということで悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。そのようなときの理由は様々ありますが、信用情報に問題がない限りは自分自身でなんとか解決できる理由かもしれません。今回はその「正社員なのにキャッシングを利用できない理由」についてご紹介していきます。

 

借入希望金額と自分の収入を比べる

もしも、収入が低いと自覚しており、借入希望金額をかなり高額に申告してしまっている場合は、ほとんど融資してもらえません。実際にそのような人は多くいます。ですが、多くの人が借入希望金額が高額だと自覚していないのです。例えば年収三百万円の方が100万円を融資してもらおうとしているとしましょう。年収の三分の一以下になりますので、ルール上は融資してもらえます。

 

ですが、その方がもしも初めての融資でそのような金額を希望していたら。実際には業者は審査の段階で落とします。もしも、年収が100万円で30万円の融資を希望していれば、まだ金額は低いので、返済の可能、不可能を別にしても痛くもかゆくもない金額として処理されます。

 

しかし、100万円ともなると高額です。それをどこの馬の骨とも知らない、初対面の方に急に用意してほしいと言われても、信用できるかどうか分かるはずがありません。当然、業者としても審査を慎重にやらざるを得ず、場合によっては落とすことも考えられるのです。

 

審査に通す場合

それでも、業者は審査を通してくれる場合もあります。ですが、希望金額は借りられません。限度額を減らしたうえで利用者に融資を提案します。それを飲めば融資してもらえることになります。ですが、ほとんどの銀行、消費者金融が借入希望額が大きすぎることを理由に審査で落とすことを考えます。当然、信用できないと判断されたからであり、その判断基準として申込み額が大きすぎる、ということを良く覚えておきましょう。

 

もしも融資してもらいたいのであれば、金額を減らしておくと可能性はぐんと上がります。審査落ちのリスクを格段に減らす手段でもありますので、もしもなかなか貸してもらえないと悩んでいるのであれば、一度希望額を減らしてみるのをオススメします。

 

新入社員も難しい

新入社員の方へのキャッシングを渋る場合もあります。現状の社会の問題でもありますが、新入社員はすぐに会社を辞めてしまったりするので、なかなか貸し出す方もリスクが高いのが原因です。すぐに仕事を辞められると、返済してもらえるかどうか分からなくなり、最悪、自己破産で踏み倒し、という可能性もあります。業者側としてはそうなる可能性の高い新入社員の方はなかなか信用することができないのです。

 

借入件数、借入金額を多数抱えている人

もちろん、このような人を審査に通すような企業は大手企業にはまずあり得ないでしょう。もしも貸し出す企業があるとすれば悪徳業者の場合が多いです。

 

借入件数は審査落ちの最大の原因

業者からすると多重債務者は一番審査を落とす可能性が高い、もっとも信用できない人です。そして、借入件数はその多重債務者の指標になるのです。

 

多重債務は信用されていない証

多重債務者になる場合、たくさんの金融会社から、少額の借入を受けていることが多いです。少額の借入、というのは前述したようにまだ信用できていない人達にするための融資であり、信用される相手に対しては融資額を増額するのが金融業界のしくみです。つまり、たくさんの業者から少額しか借りられていないのは、どこの業者からも最低限の信用しかされていないと判断され、審査の時点で信用できない人間であることが簡単に分かる指標になるのです。
つまり、借入件数が多い人は、信用のできない人だと簡単に分かってしまうのです。それなのに新規に融資してくれる企業があるわけありませんよね。

 

個人信用情報に事故情報が記載されている場合

最も大きな理由で、この場合は自分の力ではどうしようもありませんが、一応紹介しておきます。こちらの場合は正社員であろうが、フリーターであろうが、借入できる可能性は殆どゼロになってしまいます。カードローン審査で最も注意しなくてはならないのが、この個人信用情報の事故情報です。

 

ブラックリストは100%不可能

特に自己破産や、個人再生などの債務整理の記録によって、ブラックリストに入ってしまう場合があります。もし、ブラックリストに入ってしまえば、最低5年間、最大で10年間はキャッシングはおろか、クレジットカードの利用も不可能になります。

 

また、ブラックリストに載ってしまう場合には代位弁済、重度遅延、強制解約・強制退会などもあり得ますが、何にしろ、これらの情報が事故情報に掲載されてしまうと、審査の上で不利になってしまうことを意識しておきましょう。事前に防げるものは事前に防げるので、注意するに越したことはありません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
SMBCモビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日