借入が少額であれば身分証明書だけで良い!

少額キャッシングの審査に最低限必要な書類というと身分証明をする書類です。身分証明はほとんどの場合で運転免許証を利用します。

 

運転免許証を持っていない場合には保険証やパスポートなどを利用する事が多いでしょう。キャッシングの限度額を50万円以上にする、あるいは他社との借入とあわせて100万円を超える場合には所得証明の書類も必要になってきます。

 

通常は身分証明のみで問題ない

キャッシングの審査では利用する人物をしっかりと把握する必要があります。素性も分からない人にお金を貸してしまっては持ち逃げされる可能性がありますから、身分証明は必ず必要になってくるわけです。

 

また返済能力や貸し付けの限度額を定めるために収入証明が必要になる場合があります。しかし多くの消費者金融では50万円までは収入証明なしで借入が出来る場合がほとんどです。銀行のカードローンだと100万円〜300万円まで収入証明不要の場合もあります。

 

消費者金融と銀行で収入の証明が必要になる金額は異なってきますが、基本的に少額の融資であれば身分証明だけで利用出来るのです。また身分証明に関しては運転免許証が一番信頼度が高いと言えます。信頼度が高いという事は審査に通りやすいという事でもあります。

 

運転免許証を持っている場合は特別な理由がない限り身分証明で提出するようにしましょう。運転免許証を持っていない場合は提出する無分証明書をなるべく顔写真付きのものにしたほうが良いでしょう。顔写真がない書類の場合、2種類必要であったり別途書類が必要になることがあります。

 

働き方によっては収入証明が必要

近年では働き方が多様化してきています。自営業や個人事業主として活動する人も少なくありません。こうした会社勤めでない人がキャッシングを利用する場合には少額でも収入証明が必要になってきます。やはり自営業は収入が不安定であると判断されることが多いからです。

 

収入証明書類として利用出来るものとしては「確定申告書」「納税証明書」「住民税決定通知書」「所得証明書」などがあります。利用出来る証明書が業者によって異なる場合があるため事前に確認すると良いでしょう。基本的には収入があるという事を証明できれば問題ありません。

 

特に会社勤めだと源泉徴収票もひとまとめになっていて利用しやすい形になっていますが、個人事業主の場合だと源泉徴収票は数が多く扱いにくいでしょう。そこで所得証明書がとても便利になってきます。所得証明書は1年間の収入について役所が計算をしてまとめた書類になります。

 

せっかく役所がまとめてくれた書類ですから利用すると楽でしょう。この他にも確定申告書については控えが手元にあるでしょうから用意は簡単です。数年分をあらかじめ用意しておくと継続手気に収入がある事を証明しやすく融資を受けやすくなるという事も付け加えておきます。

 

専業主婦のキャッシングに必要な書類

専業主婦は収入がありませんからキャッシング利用にあたって必要な書類の数が増えてしまいます。自分の身分証明書に加えて住民票と配偶者の同意書が必要になります。住民票によって配偶者であることを証明したうえで同意を得ないといけないという事です。専業主婦が返済をするためには配偶者の収入に頼ることになりますから仕方がありません。

 

しかし、配偶者の同意なしでキャッシング利用できる銀行もあります。例えばイオン銀行や楽天銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などが同意なしで利用出来るカードローンを提供しています。つまり住民票と身分証明書だけあれば配偶者には内緒でキャッシング利用できてしまうわけです。

 

もちろん融資額は少なくなりますが内緒で利用出来るという点はとても便利です。更に先ほど挙げた楽天銀行と横浜銀行では住民票すら不要です。つまり専業主婦でも身分証明書を用意すればキャッシングが利用出来るのです。
住民票を用意することは意外に面倒ですから嬉しいサービスです。ただし横浜銀行は住んでいる地域などで利用が制限されています。誰でも利用出来るというわけではないため注意が必要です。専業主婦でキャッシングを利用する際に誰でも利用可能で必要書類が少ないのは楽天銀行のカードローンということになります。

 

学生のキャッシングに必要な書類

学生と言ってもアルバイト収入などがあれば一般的な利用者として扱ってもらうことができます。つまり基本的に必要な書類というのは少額であれば身分証明書だけです。学生向けと銘打ってサービスを行っている場合には希に学生証の提示を求められる場合もあります。

 

大手の銀行カードローンでは特に学生だからと特別扱いする事はありません。収入証明についても一般的な借入と同様と考えてよいでしょう。学生のキャッシング利用については問題がありませんが、20歳未満については利用できないサービスが殆どです。

 

そもそも未成年は法律上契約を無効にする事ができるため貸し付けが非常にリスキーなのです。学生かどうかという点ではなく成人しているかどうかがポイントになります。この他に三菱東京UFJ銀行などの一部のカードローンでは親権者の同意が必要になる場合があります。ほとんどの業者では親権者の同意が不要なので、要求されるようであれば別の業者の利用を考えてみいいかもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
SMBCモビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日