電話以外の方法で行うこともあります

キャッシングの審査では必ず在籍確認を行います。これはその職場に本当に在籍しているのかを確認する作業です。虚偽の会社名などを記入しているとここでバレてしまい、当然審査を通りません。

 

この在籍確認は基本的に職場への電話で行われますが、キャッシング会社からの電話だとは分からないように個人名で掛けてきます。ここで本人と繋がれば、確実に在籍しているという確認になります。またその際に聞かれることがあっても、名前と生年月日くらいで長々と話をすることはありません。

 

在籍確認の電話を怖がることはありません

このように個人名で掛かってくる電話なので、職場の周りの人にその電話がそれだと分かってしまうようなことはまずありません。また電話を掛けてくるキャッシング会社の方も、これがそういった会社からの電話だと悟られることが一番困ります。これは申し込みをした人の立場を悪くしないというだけではなく、キャッシング会社自体の評判にも関わってしまうからです。

 

あるキャッシング会社に申し込みをしたら、職場にキャッシングを利用するが分かってしまった、というようなことがあると、そのキャッシング会社自体の評判が悪くなってしまいます。キャッシングの利用者には会社員が多いので、そのようなキャッシング会社だと思われてしまうと多くの顧客を失ってしまう能性があります。それだけは避けたいので、キャッシング会社から見てもこの在籍確認の電話は決して軽視できないのです。

 

職場やその人によってはバレる可能性も?

ですが絶対に周りの誰にバレないかというと、そうとは言い切れない面があります。これはその職場や申し込みをした人にもよります。例えば工場のように、作業員に仕事中に外から電話が掛かってくることは稀な職場の場合、そのような電話が掛かってくるだけで怪しまれてしまう可能性があります。

 

また普通の会社員であっても、まず電話が掛かってこない人の場合もそうです。営業の社員などはいつ電話が掛かってきてもおかしくない立場ですが、一日中事務作業をしている人など、普段外部と接触がない仕事に就いている場合も同じことが言えます。

 

アルバイトの場合は仕事中に個人に電話を取り次ぐことはまずないと思いますので、個人名からの電話であっても危険度が高いと言えますので注意が必要です。

 

在籍確認を電話以外で行うキャッシング会社

この在籍確認は必ず電話で行わなければいけない訳ではなく、確実にその人がその職場に在籍しているということが確認できればいいので、これを電話以外で行うことができるキャッシング会社も存在します。まず消費者金融では大手のプロミスとモビットの2社が電話での在籍確認の代わりに書類の提出をもってその会社への在籍を証明することが可能になっています。

 

プロミスとモビットでは申し込みの際に、電話ではなく書類の提出で在籍証明にして欲しい旨を伝えます。この時に用意する書類は会社名の記載されている給与明細票と社会保険証です。この2点の提出をもって、その会社に在籍しているという証明ができます。またモビットでは上記の書類の提出の他に、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行に口座を持っていることが条件になります。

 

アルバイトの場合は社会保険証を発行してもらっていない場合も多いと思いますが、そのような場合でも最初にその旨を伝えて交渉することで、電話での確認をしないで済むことがあります。まずは申し込みの前にそのキャッシング会社に相談してみましょう。

 

アコムでも電話確認なしで融資が受けられます

 

アコムの場合は電話での確認の代わりになる訳ではありませんが、申し込み時に電話での在籍確認ができなかった場合、仮契約という状態になり、限度額が10万円に設定されます。もちろんその他の審査要素に何も問題が無かった場合に限りますが、すぐにキャッシングを利用することができます。

 

この電話確認ができなかった場合とは、会社に電話が繋がらない時間に申し込んだ場合や電話に誰も出なかったような場合です。明らかにその職場には在籍していないと分かった場合はこの限りではありません。

 

ですがこの限度額10万円の仮契約状態はあくまで電話確認がとれるまでの間だけです。後日会社が営業していると思われる時間に再び電話を掛けて確認を行いますので、電話確認ができない時間帯や休日に申し込んでもとりあえず10万円までは借り入れできるだけと思ってください。また後日きちんと電話で確認がとれれば本契約となり、本来の限度額に設定されます。

 

アコム


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.7%〜18.0% 500万円 最短30分 最大30日※1

※1 初めて契約後30日間

 

銀行でも電話での確認を行わないことがあります

消費者金融とは違い、銀行のカードローンの申し込み時には必ず電話で在籍確認を行います。元々銀行は消費者金融より審査が厳しいこともあり、これを行わずに済ませることはできません。そんな中でも、三菱東京UFJ銀行と楽天銀行では場合によって電話での確認を行わないことがあります。

 

三菱東京UFJ銀行ではカードローン契約専用のテレビ窓口を用意しています。これは消費者金融の自動契約機に相当するもので、職場に電話が繋がらない時間に申し込みを行った場合、電話での確認を行わずに融資を受けることができます。楽天銀行では申し込みの時の希望額が30万円以下の場合は電話での確認を行わないケースが多いようです。

 

ですが三菱東京UFJ銀行の場合はアコムと同じように後日改めて確認の電話を掛けることが充分予想されますし、楽天銀行の場合も必ず確認を行わないという訳でもありません。その他の審査要素に何かしらの疑いなどがあった場合はやはり電話を掛ける可能性があります。ですので銀行のカードローンの申し込みは、電話での確認が困る人にはあまりおすすめできません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
SMBCモビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日