在籍確認の電話があってもまれに審査で不合格となることはあります

消費者金融等でキャッシングの申込みをすると審査が行われるわけですが、その審査の過程に在籍確認というものがあります。

 

在籍確認は大抵は審査の終盤で行われるものであり、ここまで来た人ならほぼ審査では合格したと思って頂いて良いでしょう。ですが、もちろん、これは100%ということはなく、在籍確認が上手くいかず、不合格となることも考えられますので、注意が必要です。

 

在籍確認が上手くいかなかった場合とは?

通常は勤め先を偽らない限り、在籍確認が上手くいかなかったということはないでしょう。ところが、ごくたまに上手くいかないこともあるようです。

 

勤め先で申込者と面識のない人が電話を受け取ってしまった

小さな事務所であれば、このようなことはないですが、大企業となると社員も多いため、申込者と面識がない人も大勢いらっしゃるでしょう。そのような状況下では、キャッシング会社が「田中さんをお願いしたいのですが?」と聞かれても、電話を受けた人は、「ちょっと、存じ上げません」と言ってしまうこともあり得ない話ではないでしょう。

 

また、たとえそこでキャッシング会社が「誰かお分かりの人はいらっしゃいませんか?」と聞いても場合によっては、応対してもらえないこともあります。まさにコレが、在籍しているのにも関わらず、審査で不合格となる例であり、少し可哀想な例とはなりますが、在籍確認が出来ない以上、審査では不合格とせざるを得ないのです。

 

一度在籍確認が出来なかった時にもう一度お願いすることは可能か?

やむを得ず在籍確認が出来なかった際に、再びお願い出来るか否かは、申込みしたキャッシング会社等によって異なり、すんなり受け付けてくれる会社もあれば、そうでない会社もあるでしょう。さらに、審査を多く行わなければならないような時期や申込み者自身の属性、勤め先に電話をした時の応対した人の態度等といったように、複数の事柄が影響してきます。ですから、必ずもう一度在籍確認を行ってもらえる、もらえないというのは、はっきりしたことは言えないのです。

 

間違いなく自分のことが分かる人が出る電話番号で申し込みましょう。

自分を知らない人が電話に出てしまうのを防ぐためには、やはり自分の事を確実に知っている人が出るような電話番号をキャッシング会社に教えることが大事です。いくら大企業といっても、営業部、経理部といったように1つの部署には必ず1つの電話番号が存在し、その電話番号ならば、自分のことを知らない人が出るということはないはずです。

 

さらに言うと、カードローンに申し込んだ時の審査の在籍確認では、勤め先に電話をする前に申込み者の携帯電話に電話をかけてきます。その際、審査に関わることを聞かれることになり、また、在籍確認を行うための電話番号も同時に聞かれることになっています。

 

例えば、”○○○-△△△-□□□□は、田中さんを知っている方が受け取る番号で間違いないですか?”という具合です。上記の確認はどこのキャッシング会社でも存在するとは言い切れませんが、大抵はされるものであります。
もし、この際、少しでも問題がありそうなら、違う番号にしてもらうとよいでしょう。

 

そして万が一、これを怠り、在籍確認が上手くいかなかったとしても、完全にそれは自分が悪いことになり、審査では落とされることになります。それぐらい在籍確認の電話番号は大事なのです。

 

自分を分かっている電話番号にかけても、失敗に終わる場合とは?

ここまでは、自分のことを知っているかどうかが焦点となっていましたが、自分を知りながらも失敗に終わる場合があります。具体的には電話を受け取った人が、電話に不信感を抱き、あえて「自分(申込み者)はいない」と応対してしまう場合となります。

 

これが、キャッシングを一度でも行ったことがある人が電話に出た場合は、そのようなことはないのですが、キャッシングの知識がない人ですと、来るはずがない電話が来ることによって、先ほどのように在籍していないようなことを発してしまうことがあるということです。

 

勤め先の人は全く悪気はなく、むしろ好意でそうしてくれているのですが、悲しいことにこれで審査で落とされるのも事実です。こうならないためには、在籍確認が行われる時間帯に、キャッシングとは別な理由で電話があることを嘘でも話しておくと防ぐことが出来るかと思われます。

 

自身が間違いなく出られる状況で電話をかけてもらうのがベスト

上記までの話を頭に入れておくだけでも十分なのですが、より確実にするためには、自身が間違いなく勤め先にいて、かつ電話を受け取れることが可能な時間帯に電話をかけてもらう、といった方法も存在し、こちらの方がより確実と言えます。

 

さすがに分単位までの時間を指示するのは難しいかもしれませんが、キャッシング会社次第では大まかな時間なら指示することは可能です。外出することが多い人ですと上記のことは難しいかもしれませんが、そうでなければ、上記のことはかなり使える手かと思われます。

 

電話以外でも在籍確認を行うことは可能です

在籍確認は通常は電話で行われるものですが、実は電話以外でも在籍確認を行うことは可能です。事実、プロミスやモビット、そしてアコムでは電話以外での在籍確認も行なわれています。

 

そのような場合は書面上での在籍確認となり、所定の書面を提出することによって、電話での在籍確認を省くことが出来ます。ただ、これは絶対出来るというわけではありませんので、ご注意ください。

 

電話以外での在籍確認を行いたい場合に必要な書面

上記で挙げたプロミスやモビット等では、勤め先名が入った保険証もしくは前月の給料明細を提示することで電話での在籍確認を省ける可能性が高まります。一方、アコムではキャッシングの希望金額を10万円までとすることで、電話を使っての在籍確認を避けることが可能です。

 

しかし、これも絶対そうなるとは限りません。そして、モビットですが、モビットの場合は上記のことに加えて、三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の口座を開設している必要があります。少々手間に感じるかもしれませんが、こういった条件さえクリアしていれば、電話での在籍確認を避けることが出来ますので、万が一、在籍確認が原因で審査では落とされたくないという人は、一度考えてみてもよいでしょう。

 

また、こういった電話以外の方法を利用することにより、勤め先の人にキャッシングの事実を知られるというのも防ぐことが出来るということも併せて覚えておいてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
SMBCモビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日