在籍確認の電話は避けることが可能なのか?

在籍確認は、利用者となる方の勤め先に電話をするといったものになりますが、勤め先とは言ってももし、就業形態が派遣である場合、派遣元と派遣先、どちらに電話をされることになるのか迷われるかもしれません。結論から言うと、これは状況や会社によって異なるということです。

 

もう少し具体的に言うと、短期間の派遣で働いている方の場合は、電話をかけた時に既に勤め先が変わっている可能性があるため、派遣元に電話をされることになりますし、長期間の派遣の場合は派遣先に電話をされることになるでしょう。このことに関して、ある方の実体験を以下に示します。

 

派遣・アルバイトも利用できるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

Aさんの実体験〜在籍確認は派遣先のみでした〜

私は大学生だったころ、プロミスからお金を借りていましたが、その時は派遣としてパチンコ店で働いていました。この時の在籍確認の電話はそのパチンコ店にかかってきて、派遣元に電話をされるようなことはなかったことを記憶しています。

 

絶対派遣元にはかかってきていないという確かなものはありませんが、プロミス側からこれから在籍確認を行いますと話していたのは、派遣先に電話をされた時のみだというのは間違いありません。

 

派遣の中での働き方にも左右される

派遣元と派遣先、どちらに電話をされるかは、その人の働き方にもよるでしょう。もし、その人がいろいろな会社を転々としているといった場合には、派遣元に電話がかかってくることになり、同じ場所に長くいる方の場合は、派遣先になるかと思われます。

 

キャッシングが知られても支障がない方へかけてくることも

これについては、私自身もいろいろ調べてみて分かったことですが、パチンコ店といったような娯楽施設で働いている場合は、ほとんど、派遣先にかかってくるそうです。これは、パチンコ店で働いている方の中にはキャッシングも行っているという傾向が強く、たとえ在籍確認の電話があったとしても、ごく自然な感じになっているからだと言われています。

 

事実、私もパチンコ店で働いていた時も、最初は固くなりましたが、すぐに緊張がほぐれたのを覚えています。というのも、私と同じく働いていた人の中にもキャッシングを行なっているという方が少なくなかったためです。また、私が働いていたところの事務所には、寮で暮らしている方に向けての督促状が頻繁に届いていました。しかも、それは、消費者金融からの督促ではなく、何と裁判所からだったため、驚いたのを覚えています。

 

そういった状況もあり、在籍確認の電話に対して、何の抵抗も感じなくなったのかもしれません。そして、派遣先、派遣元どちらに電話をかけるかというのは、消費者金融側も色々考えてかけてくると見ることも出来ます。これは、利用者への配慮といった他にも、電話をかけてくる社員もその方が気軽にかけられるといったこともあるためです。

 

電話以外の方法での在籍確認は可能か?

在籍確認のため、勤め先に電話をされるというのは、自分がどのような就業形態であろうとあまり気持ちの良いものではないかもしれません。

 

もし、極力在籍確認の電話を避けたいという方は、同じ消費者金融でも、プロミスあるいはモビット等でお申込みされるとよいでしょう。それは、上記に挙げた2社では、電話をされることなくキャッシングを行える可能性があるためであり、書面上で在籍確認を行うことが出来たということがよく聞かれます。

 

プロミスやモビットにおいて書面上で在籍確認を行うには?

先ほど、プロミスやモビットでは書面上で在籍確認を行えるということを話しましたが、利用出来る書面としては、前月の給料明細や勤めている会社からもらっている保険証となります。ただ、モビットの場合は三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の口座を開設している必要がありますので、口座を開設していない方は自動的にプロミスを利用することになります。

 

もし、既に上記のいずれかの口座を開設済みなら、モビットを利用された方がよいでしょう。なぜなら、通常通りインターネットで申し込むことによって、自然な流れで在籍確認の電話を省略することが出来るためであります。

 

一方プロミスを利用される方は、自動契約機や電話でお申込みの際に、在籍確認を書面上で行ってほしいという旨を直接伝えなければなりません。モビットと比べると多少手間がかかりますが、これを行うことで確実に在籍確認の電話を避けることが出来ます。

 

アコムでは在籍確認の電話を避けることが出来るのか?

アコムでは先に挙げた2社とは異なり、在籍確認の電話を基本的には避けることは出来ません。ですが、これには例外があり、具体的にはごく少額でのキャッシングを前提条件とし、かつその日がたまたま勤め先が休業日であった場合、在籍確認の電話をすることなしにキャッシングが行えるというものです。

 

ただ、ここで誤解しないでほしいのは、決して在籍確認の電話がなくなったわけではないということです。その時は在籍確認の電話がなくても、一応確認のため、勤め先に電話をすることになり、キャッシングを行った数日後かにでも再び電話をされることになりますから、ご注意ください。

 

以上の点を踏まえると、確実に在籍確認の電話を避けたい方は、アコムではなくプロミスやモビットでお申込みされるのがベストです。また、今回取り上げなかった以外の消費者金融、例えばアイフル、ノーローン、レイク等ではきちんと在籍確認の電話をされることになりますので、この点も覚えておかれるとよいでしょう。

 

銀行でカードローンを利用する場合の在籍確認の電話について

これまで消費者金融において在籍確認の電話を避けることが出来るのか?というお話をしてきましたが、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを利用される方もいらっしゃるでしょう。銀行のカードローンでも同じく在籍確認が行われ、通常は電話をされるのを避けられないと考えてよいでしょう。

 

しかし、これにも例外があり、三菱東京UFJ銀行には、バンクイックというカードローンがあるのですが、このカードローンに申し込んだ曜日や時間が平日以外の曜日や夜遅い時間であり、尚且つお申込みをテレビ窓口で行うことによって、在籍確認の電話を避けられることがあるとされています。

 

ただ、これに関しては、ネットなどでの体験談によるものですから、確実にそうなるとは言い切れません。またこれとは別に楽天銀行のカードローンでも、キャッシング金額が少ない場合に在籍確認の電話を避けられるということをこれも同じく体験談で見かけることが多いです。

 

金額としてはおおよそ30万円ぐらいまでだそうで、多く見かけることからもそれなりに信用は出来そうです。以上のようなことは、就業形態が派遣であろうとそれ以外であろうと関係なく、在籍確認の電話を避けることが出来ますので、キャッシングをされる方はこの機会にぜひ覚えておいてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
SMBCモビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日